最新情報2 rss
2017年07月13日(木)

【成人】『大人の体育時間』 7/10

(記者:津田)

今月のテーマ・・認知症を予防していきましょう!
今回の取材・・・脳トレ・足の体操

皆さんこんにちは。
対戦格闘ゲームで日本ランキング1位の人にまぐれで勝ったことのある津田です。

昔からテレビゲームは「ゲーム脳」になるといわれ、脳が小さくなるなどとあらゆる面から批判の的になってきました。
ところが、認知症予防に効果があるということが研究でわかってきたそうです。

カリフォルニア大学の研究チームが、「高齢者の脳にテレビゲームが与える影響」に関して実験を行いました。
内容は、60歳から85歳の高齢者に、4週間にわたり車のレースゲームを行わせるというものです。
テレビゲームを行った後に脳を計測すると、注意力や集中力・記憶力などの向上が見られるどころか、それが20歳の平均値よりも高まったという結果を出したそうです。

ゲームをプレイすると思考がとぎすまされるというのもありますし、コントローラーを操作する細かい指の動きも必要になるため、神経系にも良い影響がありそうです。

認知症に効果があるのはうれしいですが、それ以上にゲームでもスポーツでも自分の成長を実感できる趣味があるというのはとても良いことですよね。

私自身、以前事務仕事だけの単調な生活を続けていたときは、自分の成長を感じることができるのは格闘ゲームくらいでした。
新しい技を覚えて使いこなせるようになったり、強い敵に勝てるようになったりすると、達成感がありました。

まあその反面ゲームをしながら「俺の人生これでいいのかな…」と思って枕を涙でぬらしていたのですが(笑)

ほとんどの人がゲームは悪というイメージをもっているかもしれませんが、自宅で手軽に行えますので、一度やってみるのもおすすめです。
もしかすると、一生の趣味になるかもしれないですよ!

さて、今回のの大人の体育時間では手足を使ったトレーニングを行いました。

レッスンでは手を使った脳トレを行いました。
左右の手で別々の動作を同時に行うのですが、これがなかなか難しいです。

私は後ろに座って皆さんの様子をみながら行ったのですが、私自身が一番できていなかった気がします…。
当たり前の話ですが、脳トレでも運動でも普段からトレーニングしている人はやっぱり上達しますし、やってない人はできないんですよね。

筋トレをするときに鍛えている筋肉を意識することが重要だといわれています。
脳トレもただ行うのではなく、「脳をフル回転させる!」と念じながら、より正確で素早い動きで行うと効果が増加します。
認知症にならない強い脳を作っていきましょう!


お知らせ

・来週は「脳トレ・リズム体操」です。

それでは皆さんまたお会いしましょう!(^^)!