最新情報2 rss
2017年07月06日(木)

【成人】『大人の体育時間』 7/3

(記者:津田)

今月のテーマ・・認知症を予防していきましょう!
今回の取材・・・脳トレ・手の体操

皆さんこんにちは。
将棋より麻雀派の津田です。
麻雀をする友人がいないのが悩みです。

将棋の藤井四段の連勝記録とともに将棋ブームが押し寄せましたね。
残念ながら連勝は止まってしまいましたが、将棋ブームは続いていくといいですね。

藤井四段の報道が過熱する中、認知症予防に将棋が良いというニュースをみかけました。
将棋ブームに便乗しただけかと思いきや、実は今回のブームよりもずっと前から、将棋は認知症に効果があるのではないかと研究がすすめられていたようです。

物忘れや注意力と大きな関係があるのが脳の前頭葉で、将棋はそこを鍛えるのに効果的だそうです。
一人でもできる脳を鍛えるドリルなどは売っていますが、将棋は人を相手にするため、更に楽しみながら集中力を高めて脳を鍛えることができます。

私も小さいころ将棋のルールは覚えましたが、すぐにやらなくなってしまいました。
父に容赦なく叩きのめされたというのが理由だと思います。
全くもって大人げないですな(笑)

今は人工知能と将棋で戦う「電王戦」が人気ですが、人工知能が相手でも認知症に効果があるのか気になります。
既に将棋では人間が人口知能に勝つのはかなり難しいらしいですが、藤井四段には是非頑張ってほしいですね。


さて、今月の大人の体育時間は認知症がテーマです。

ゆったりコースでは、ボールを使った運動を行いました。

既に述べましたが、相手がいると更に脳を鍛えることができます。
ひとりでボールつきをするより、キャッチボールをすることの方が、より脳を活性化できるというのはイメージがつきますよね。
自分が投げること以外にも、相手がちゃんと受け取れるか、相手がどの位置にいるかなど考えることが一人のときより大幅に増えます。

今回のレッスンでは、参加者のみなさんで背を向けたまま丸く円をつくり、ボールのパス回しを行いました。
ボールを受け取って、相手に渡して、また受け取ってと忙しい動きになりましたが、かなり脳を活性化させることができたと思います。



お知らせ

・来週は「脳トレ・足の運動」です。

それでは皆さんまたお会いしましょう!(^^)!