最新情報2 rss
2017年02月20日(月)

【成人】『大人の体育時間』 2/20

【成人】『大人の体育時間』 2/20

(記者:津田)

今月のテーマ・・トレーニングツールを使おう
今回の取材・・・ストレッチポールを使ったトレーニング

皆さんこんにちは。
今日は春のような暖かさですが、この気温でも寒くて仕方ない冷え性の津田です。

先日、知人のつてで女優の桐谷美玲さんにお会いする機会がありました。

「脳みそ入っているのか?」と思うほど顔が小さく、「断食しているのか?」と思うほど体が細く、私と同じ人類とは思えませんでした。
加えて、とにかく目がとても大きく、本当に瞳の中へ吸い込まれていく感覚がしました。
芸能人を間近で見るのは初めてだったのですが、あれが女優の目力なんでしょうか。

この大人の体育時間の記事にするため、「何か運動されているんですか?」と質問しようとしたのですが、その目力に圧倒されて「頑張ってください」としか言え
ませんでした(笑)
キョトンとした顔をしながら「頑張ります」と答えてくださったのですが、情けないやら恥ずかしいやらで消えたくなりました。

「年齢が一つしか変わらないのに、金も地位も名誉も全て圧倒的に負けているな」などとよくわからない敗北感を感じながら、電車の窓から虚を見つめながら帰宅
しました。

ただ、桐谷美玲さんも極度の冷え性らしいですが、握手した時に私の手の方が遥かに冷たかったので、冷え性勝負では私の勝ちでした。
今後も頑張って冷え性を極めていきたいと思います。嘘です。


さて、今日の大人の体育時間ではストレッチポールを使用したレッスンを行いました。
ストレッチポールといえば、ポールの上に寝転がって使用するのが定番ですが、今日は立った状態でストレッチを行いました。

ストレッチポールを背中に抱え、腰を左右にひねります。
左右にひねるとき、下半身を動かさないようにすることがポイントです。
腰をひねりながら下半身を動かさないようにするのは結構難しいのですが、下半身を固定することで腰周りのストレット効果が高まります。

マシントレーニングをする場合も同じことがいえます。
マシンに身体ごと引っ張られたり、ブレたりしてしまうと、トレーニングの効果が薄くなってしまいます。
大事なのは、鍛えるために必要な部位以外はなるべく動かさないようにすることです。

冷え性に話を戻すと、筋トレに勝る冷え性の改善方法はありません。
しょうがを食べると良いとか、靴下を2重に履くとか、様々な冷え性対策がありますが、どれもその場しのぎの手段です。

筋肉をつけて身体の代謝を高めることで、冷え性を根本から治すことができます。

どんな時も正しいフォームを意識しながら、筋トレやストレッチができると良いですね。

お知らせ

・来週のテーマは、「トレーニングツールの総復習」です。


それでは皆さんまたお会いしましょう!(^^)!