最新情報2 rss
2016年10月04日(火)

【成人】『大人の体育時間』 10/3

(記者:津田)

今月のテーマ・・マシン・アイテムに慣れていこう
今回の取材・・・マシンを使ってみよう


皆様こんにちは。
リリオ館が20周年で盛り上がっている中、20年以上飼っているペットのカメに逃げられた津田です。

先週の金曜日、母からカメが実家のマンションの2階から自ら落下していったとの連絡がありました。
母がすぐに1階へ探しに行けばすぐ見つかったのでしょうが、「狭い水槽が嫌になったのね…」と母が謎の解釈をして放置したため、行方不明になってしまいました。
私の実家の周囲には川も池もなく、どう考えてもカメが生きていける環境ではないので、何故母がそのような思考に至ったのかよくわかりませんが、とにかくこのカメ脱走事件のせいで休日はもう大変でした。


まず金曜日の夜遅く、亀有から実家のある世田谷区北烏山まで全力ダッシュで帰宅。
デッキブラシ片手に近所の草むらをかきわけ、蚊に刺されまくりながら手あたり次第探し続けました。
見つけるまで帰るつもりはなかったのですが、通りかかる近隣住民に相当怪しまれ、中でも一人で歩いていた女性は私を見るなり恐怖で声も上げられないといった表情で固まってしまいました。
そのあまりの表情に警察へ通報される危険を感じ、泣く泣く帰宅しました。
まあ深夜0時過ぎにデッキブラシを振り回して徘徊する身長190cmの男がいたらそりゃびっくりしますよね。私なら逃げます。

翌日、カメを探していることを知ったマンションの住人の方が目撃情報を電話してくれたり、カメを見かけたという地元の中学生をTwitterで見つけて連絡をとったり、そこから地元のすし屋や床屋を巻き込んでいくなど、心温まる映画が一本撮影できそうな展開が繰り広げられたのですが、結局見つけることができませんでした。

今日も悲しい気持ちでいっぱいの中、通勤電車に揺られながら「次は亀有〜、亀有〜」というアナウンスに「カメがいないんだよ!」と心の中で罪のない車掌さんに悪態をついてしまいました(全く関係ないですが亀有はもともと亀無という地名だった説があるらしいですね。)

私が保育園に通っているときから飼っていたカメなので、とてもショックが大きいです。
もっと餌やればよかったとか、もっと水槽掃除してあげればとか、失って始めて気づくんですね。
元気に見つかることを祈っています。

なんだか暗い記事になってしまい申し訳ありません(笑)


さて、今日の大人の体育時間ではスタジオを飛び出し、トレーニングマシンやランニングマシーンの使い方について学びました。
これは私が大人の体育時間を取材しはじめてから初めての試みでした。

利用者の方から「トレーニングマシンの使い方を学べるのがとっても楽しみ」という声をいただいていたのですが、確かにたくさんのマシンが目の前にあるとわくわくしますよね。

ただ、独学でマシンを正しく使うのはなかなか難しいです。
マシンごとに正しいフォームが決まっており、間違えると効果が薄くなってしまったり、ケガをしてしまうので使用方法を理解するのはとても重要です。

また、マシンを使うときは「自分がいまどの筋肉を鍛えているのか」を意識することも大事です。
マシンでは、自分の体だけでは鍛えられない部分も鍛えることができるので、自分の気に入ったマシンを見つけて、定期的に使用していくと効果が表れてくると思います。

特に最初に村田コーチと正野コーチから説明があった、背筋を鍛えるマシンと胸筋を鍛えるマシンは簡単に扱えるので、とてもおすすめです!


お知らせ

・今月のテーマは、「マシン・アイテムに慣れていこう」です。

それでは皆さんまたお会いしましょう!(^^)!