最新情報2 rss
2016年09月26日(月)

【成人】『大人の体育時間』 9/26

(記者:津田)

今月のテーマ・・トレーニングツールを使ってみよう!
今回の取材・・・体力測定


皆様こんにちは。
梅雨みたいな天気が続き、なんだか調子の出ない日々が続いていますね。
昨日久々に晴れたことで、やっと洗濯物ができると洗濯機をフル回転させていたら、私の家の半径50mだけ停電が起きて悲しい気持ちになりました。

気づけば10月も間近ですね。本当にあっという間に9月が終わってしまったという感じです。

気づいてみれば、プロ野球では広島が優勝し、私のひいきであるヤクルトスワローズはBクラス入りが確定してしまいました。野球くらいしか趣味がないのに、気づけば今年はほとんど野球観戦に行っていません。
そういえば気づけば父も今月に57歳となり、白髪が多くなり、定年後の話をすることが増えました。
気づけばコンビニでおでんが販売され、気づけば亀有駅がこち亀だらけになっていて、気づけば妹が結婚していました。


「気づけば」がしつこいですが、書き出してみると、1日1日を意識しないとあっと言う間に人生が過ぎて行ってしまうなぁと再認識しますね。
こうした「無意識のあっという間な時間」をなくそうと、学生の頃から日記型手帳を買い、日記を書いてきたはずなのですが、やっぱり気づけば今月はほとんど空白のままです(笑)

毎日を大事に生きなければいけませんね。


今日の大人の体育時間で行われた体力測定も、日々の運動の積み重ねを数値として確認するものですよね。
数字というわかりやすい指標で、自分の運動能力を客観的に見ることは大事です。

私は今年の5月くらいに体調を崩して、体重が低体重に突入したのですが、気づいてみれば半年近く経っても体重は元に戻らず、というか体重計すら持っていないので戻っているのかどうかすらわからないまま今日に至ります。

最近「1.01の法則と0.99の法則」というものを知ったのですが、少し考えさせられる法則です。
法則の出所は諸説あるらしいのですが、1日を普通に過ごすことを数字の「1」としたとき、1日少し努力すれば「1.01」、1日少しさぼれば「0.99」と表すことができます。
1日の努力とさぼりの差は小さいですが、それを1年間続けたとし、それぞれを365乗すると下記のように大きな差となって現れます。


1.01の365乗=37.8
0.99の365乗=0.03


要するに、こつこつ努力すればやがて大きな力になり、少しずつさぼれば力は増えるどころか限りなく減っていくという話です。
あくまで計算上の話ですが、1年後には1,260倍の差が開くことになります。

まあ当たり前の話ですし、特に運動の場合は少しずつ努力すれば少しずつ成長するという単純なものではないですが、数字で見ると大きな差というのを実感できますよね。

身体を動かさない限り、日々筋力は少しずつ確実に減っていき、身体は少しずつ硬くなっていきます。

毎回の大人の体育時間を大事に、一緒にレッスンしていけたらと思います。


お知らせ

・来月のテーマは、「マシン・アイテムに慣れていこう」です。

それでは皆さんまたお会いしましょう!(^^)!