最新情報2 rss
2016年08月01日(月)

【成人】『大人の体育時間』 8/1

(記者:津田)

今月のテーマ・・トレーニングツールを使ってみよう!
今回の取材・・・ダンベルを使ったトレーニング


皆様こんにちは。
身長189cmの津田です。
でも背の順で並ぶとき一番後ろになったことがありません。

背が高いと、初対面の方とお話するとき必ず身長の話になります。
このとき「189cmあります!」と言うと、「でかっ」「壁みたい」「待ち合わせの時目印になって便利」などといわれることが多く、何とも言えない気持ちになります。
同様に「中途半端だね。もう190cmでいいじゃん。」と言われることも非常に多く、私自身もどうせならキリよく190cmあったらいいなと思っています。

先日健康診断へ行く機会があったので、身体測定で何とか190cmに届かせたいと思い、ちょっと頑張ってみました。
まず出発前に自宅のストレッチポールで背中を伸ばし、牛乳を飲み(?)、病院内でも怪しまれない程度に姿勢よく胸を張りつつ首を伸ばし続けました。

そして、いよいよ測定のときです。頭に当てる測定の棒が頭に突き刺さるなどのハプニングも、何度も経験している私にとっては慣れたもの。華麗に対処し、いざ測定です。
背伸びをしない程度に体を上に伸ばし、肺に空気を限界までいれて体を膨らまし、髪の毛を全て頭頂部へよせるなどした結果・・・189.4cmでした。

ちょっと小細工したくらいでは身長は伸びないんですね。いい勉強になりました。
皆様は真似しないでくださいね(笑)


さて、今日の大人の体育時間ではダンベルを使ったトレーニングを行いました。

力こぶや二の腕、肩回りを鍛えました。特に二の腕を鍛えるのにダンベルはぴったりです。
普段のレッスンとは違い、強度が高く、終わった後に「あ〜」という声をあげている方もいらっしゃいましたね。
私も腕をプルプルさせながらレッスンをしていました。

石井コーチが繰り返しおっしゃっていましたが、ダンベルを上げるときに息を吐き、下すときに息を吸うというのがポイントです。
どんな筋トレも呼吸と動作を合わせるというのは基本ですね。力を入れるときに息を吐くと覚えてくださいね。

ダンベルといえば、ごつごつしているイメージですが、リリオのダンベルはカラフルでかわいいですよね。
あのカラフルダンベルならば家に置いてもいいかなという気持ちになりますね。

ダンベルを買わなくてもペットボトルに水を入れれば簡単にダンベルの代わりになります。
夕食後から就寝までの間の時間にダンベルのトレーニングを行うと、効果的だそうですよ。

ちょっとテレビを見ながらでも座ったままダンベルを使うと良い運動になりそうですね!


お知らせ

・来週のテーマは「ダンベル・ポールを使ってみましょう part?」です。

それでは皆さんまたお会いしましょう!(^^)!